通関士の難易度と合格率!

では、合格率を見ながら難易度を解説していきたいと思います。

通関士過去6年合格率

  受験者数 合格者数 合格率
平成16年 10,191人 1,920人 18,8%
平成17年 9,953人 2,466人 24,8%
平成19年 10,695人 820人 7.7%
平成20年 10,390人 1,847人 17.8%
平成21年 10,367人 807人 7.8%
平成22年 9,490人 929人 9.8%
平成23年 9,131人 901人 9.9%
平成24年 8,972人 769人 8.6%
平成25年 8,734人 1,021人 11.7%
平成26年 7,692人 1,013人 13.2%
平成27年 7,578人 764人 10.1%

毎年合格率にばらつきはあり、この数字をみてもわかるように簡単に合格できる試験ではありません。
ここ最近の合格率は約10%前後で、非常に難易度の高い試験です。

さらには、通関士の試験は、3科目から構成されますが、それぞれの科目に合格基準が設けられています。
合格基準は毎年変わり、例年60%くらいが目安になります。 もちろん1科目でも60%を下回ればそれで不合格です。
しかも輸出入の申告書作成の実務試験もあり、勉強する事は山積みです。
ですから、この試験を攻略するにはかなりの学習量が必要になってきます。

しかし、逆を言えば学習量さえこなせば合格しやすい試験であるとも言えるのです。
通関士の試験はある程度内容を理解できたら、後は暗記的な学習が非常に多くなります。

例えば、通関士の試験には空欄記述式があり、この問題は、法律の言葉がそのまま出題され、 条文を正確に覚える必要があります。
正確に覚えることさえできれば決して難しい勉強ではありません。

もちろん丸暗記というのは難しく理解する事も大切ですが、数学のように考えてもわからないような複雑な問題は少ないはずです。

TOPページでも説明したように、実務経験者の社会人が不合格になるのは、
学習量が足りないからです。 だとしたら、学習量さえこなせば十分にチャンスがある試験だとも言えます。

確かに通関士は難易度の高い試験ですが、決して受験を諦めるような資格でない事を理解して下さい。



通信講座人気ランキング

【No.1】フォーサイト
合格率の高さ、コストパフォーマンス、質の高い教材、すべてが人気の理由です。

>詳細、資料請求はこちら<

【No.2】TAC
教材の豊富さと実績が特徴。負担は大きいですが、その分丁寧なカリキュラムです。

>詳細、資料請求はこちら<

【No.3】ユーキャン
合格には自分で資料や教材を追加する必要は否めませんが、入門用に適しています。

>詳細、資料請求はこちら<